Return to site

1/21 縁起の良い歌舞伎文字『勘亭流』教室

まねき の字を習ってみませんか?

· 歌舞伎文字,勘亭流,大阪教室,【SOHO BOX 北浜】,縁起の良い

縁起の良い歌舞伎文字の勘亭流教室です。

1月は21日の月曜日だけの開催。
習字を習ったことがない人も大丈夫。
字の上手い下手は関係ありません。
子供から大人まで、どなたさまにも楽しんでいただけます。
---------------------------------------
【勘亭流って何?】
安永8年(1779年)江戸堺町の書家指南・岡崎屋勘六が、
同町中村座の座主であった九代目中村勘三郎の依頼を受け、
初春狂言『御贔屓年々曽我』の大名題看板を揮毫しました。
すると、不入り続きであった中村座の興行が
大入りに転じたことがきっかけとなり、
勘六の書が評判を呼ぶこととなりました。
---------------------------------
勘亭流の名前の由来は、
勘六の号"勘亭”から来ており、
つまり勘六の書風を意味しています。
この書体には良い縁起を担ぐ文字としての3つの特徴があります。
一 角をとがらせず丸みを帯びることによって、興行に関わる全ての無事円満を願う
二 客席が埋まるようにと墨黒々と隙間なくたっぷりと書き、大入満員を願う
三 お客を招き入れるように撥ねは外にではなく内へ撥ね、興行の大当たりを願う
一般的な書とは違う、絵を書くように"作って”書く勘亭流。
書や絵の素養は必要ありません!
"書いてみたい”"かっこいい”と言う気持ちが何より1番です。
大切な方への贈り物に特別な文字を添えてみませんか。
--------------------------------
★講師紹介
勘亭流
戯筆(ざれふで)
川端 耕司さん

平成19年より歌舞伎文字・勘亭流を学び始める

平成25年より京都・四条河原町に本店を置く、老舗和装小物店のディスプレイ用ミニ役者まねきの揮亳を任される(現在も継続中)
平成27年より京都市内にて作品の展示・販売・イベント等での実演、ワークショップや揮亳依頼などの仕事を受け、本格的な書家活動を開始する
平成29年1月より京都市内のカルチャーセンターで講師を務める
3月『京都アートフリーマーケット2017春』に推薦作家として出展
平成30年より大阪・奈良のカルチャーセンターにて教室を開講

平成30年12月には毎日新聞社主催〈えと書道展〉に入選

来年末には、京都にて個展を開催予定
-------------------------------
【参加費】
2,500円 
当日お釣りのないように持参ください
【開催場所】
SOHO BOX 北浜 
フリースペース
【開催日時】
2018年1月21日(月)
18:30~20:30
【定員】
10名
【持ち物】
名刺があればお持ちください
ウエットティッシュがあれば、
手に墨が付いても拭きとれます
筆と墨、そして紙はこちらで準備します

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly